December 31, 2006

2006年総括

  
  2006年も残すところあと1日となりました。今年度の総括を兼ねて、少し書いてみたいと思います。


<投資面>
  今年度の年初来の私のファンドのパフォーマンスは、+9%、かろうじてTOPIX、日経平均を上回ることができました(下図 赤線:私、青線:TOPIX)。一昨年の20%超、昨年の40%超に比べると、かなり見劣りするパフォーマンスですが、年初の段階では、ポートフォリオの大部分を新興株が占めていたことを考えると、ファンド全体としてマイナスに転落しなかったのは、奇跡に近いです。ITバブルの崩壊に巻き込まれたときの教訓が少しは生きて、あの時よりは冷静にディフェンスができるようになったのかなと思っています。

FY2006 Performance
 
 
  今期、なんとかファンドのプラスを維持できた理由は以下のとおりでしょうか。

○安全域の大きな銘柄への投資
  年初より、かなり株価下落を警戒し、「防戦」をテーマとしていたため、EV/EBITDA倍率が低く、キャッシュリッチな、いわゆる「バリュー株」への投資にほとんどの資産を割り振り、いわゆる「成長株」には、ほとんど手を出していませんでした。このため、新興市場が暴落しても、それほど大きな下落率を記録したような銘柄はつかまされずに済みました。

○中国株の貢献
  国別銘柄運用成績は、資金を移したりしているので、細かくとっていませんが、おそらく、日本株はマイナス10%程度ではないかと思います。今期は、中国株に救われました。保有していた携帯電話株、道路株の値上がりの貢献が非常に大きいです。年初には、ファンド全体に占める中国株資産残高の割合は7%程度でしたが、現在は、25%程度まで拡大しています。個人的には、来期もこのまま値上がりが続くとも思えないので、そろそろ売り時かもしれないと思っています。
 
○ロスカットの徹底
  それから、やはり損切りを徹底できたことだと思います。私の下半期の売買取引を見ると、ほとんどロスカットです。(節税への貢献大です!笑)でも、その結果、株価下落の被害は最小限で済み、年始よりもむしろ含み益の金額は拡大しています。

  来年の展望と投資戦略は次回に譲りますが、とりあえず、マイナスにはならなくてよかったです。それにしてもこんなに知恵を絞って、「考えて、考えて」運用して、結局、日経平均といい勝負なわけですから、資産運用にそれほど時間をかけたくない場合、「INDEXファンドを購入しておけ!」という説も、多くのケースにおいて、正しいと考えられます。

この記事は、運用成績計算が誤っていることが判明したため、(保有株数記帳誤り)修正しました。年間利回りは7%ではなく、9%でした。2007年1月31日


<仕事面>
  充実度合は別として、多くのことを思い悩み、真剣に考えた1年でした。いろいろな意味で、本当に貴重な経験ができたと思います。
 「誠実性」(これを私は、自分の「軸」がぶれないように、精進を続けることだと解釈するようになりました)、これは何よりも重要だと、改めて痛感する1年でした。最後に自分が生き残れるかどうかは、結局、個々人が築いてきた「信頼関係」の層の厚さがものを言うわけで、この「信頼関係」の前提となるのが、「誠実性」なのだと思います。

  厳しい外部環境の中でも、2つほど、新しいことに取り組むことができたのは収穫でした。一つは、800人を超える聴衆の前で、企業財務にからめたお話をする機会を与えられ、無事にやりとげることができたこと、そしてもう一つは、一部分を担当したに過ぎないとはいえ、著作物を出版する機会を得たことです。いずれも、自分ひとりの力では、このような機会は与えられなかったわけで、チャンスを下さった方、サポートして頂いた方に、心から感謝したいと思います。
  来年は、もうひとつ上のステップを目指すべく、新年には、新しい目標を掲げて、精進を続けたいと思います。

 <プライベート>
  二人の子供が無事に健康に育ってくれていることに、何より感謝したいと思います。子育てに関しては、妻の獅子奮迅の活躍に頭が下がります。来年は、もう少し、ワークライフバランスに配慮した働き方を心がけ、妻を楽にさせてあげたいと思います。とりあえず、子供の遊び相手は当然として、苦手な掃除、片付けと、比較的得意な週末料理をがんばりたいと思います。子供が世話になりまくっている私達夫婦の両親にも、もっと感謝しなくてはいけません。



 <おわりに>

読者の皆様へ
  このブログは、2005年の夏頃、立ち上げましたが、本格的に更新を始めたのは、今年の6月頃からです。わずか半年の間に、毎日、平均700〜800人の方に訪れて頂けるようになりました。この数字は、書く側からすると、とても励みになる数字ですし、ネットの力を感じました。このブログを通じて、多くの個人投資家さんとも繋がりができ、新たな知見を得ることができました。これも、私にとって、今年の大きな収穫のひとつです。
  これからも、個人投資家の役に立つ中身のあるコラムを書いていきたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 それでは、皆様、よいお年を

02:07:48 | cpainvestor | | TrackBacks

December 26, 2006

ポイントサービス支援業

   
   今日は久しぶりにビジネスモデル分析をしようと思います。

   皆さんのお財布の中にも、いろんなお店のメンバーカードやポイントカードが入っていて、お財布がえらくかさばる原因になってはいないでしょうか。利用しているお店の全てのポイントサービスが1枚のカードに集約されたら、これほど便利なことはない思ったことがあるかもしれません。
   
   12月25日の日経朝刊に「ポイントサービス支援業」を営むイデアシステム(以下I社とします。)という会社が紹介されていました。この会社のビジネスモデルは以下のとおりです。

○ポイントサービスを使いたいと思っている美容室とクリーニング店(ここでは加盟店とします。)にポイントサービスのプラットフォームを提供し、ポイントの発生に応じて使用料を得る。(これにより加盟企業は、自前でやるよりも格安(個人情報管理の手間も省ける)で、顧客リピートを促すポイントサービスが導入できる。)
○ユーザーのポイント使用の対価となる景品は、消費財メーカーなどから格安で仕入れてユーザーに提供する。(これにより、ユーザーは、お得感のある景品をポイントと交換することができる。)
○景品を供給するメーカーは、商品を格安、もしくは無料で卸すかわりに、消費者の購買履歴データを、I社から調達することができる。(もしくは有料で購入することができる。)
○景品は、交換申し込みがあった分だめ、メーカーから直送させることで、I社は在庫リスクを回避する。


   I社の利益の源泉は、ポイントサービスプラットフォームの提供先から得られるシステム使用料と景品仕入額との差額、及び、景品交換や、加盟店舗の販売情報から得られるマーケティング情報の販売収入です。

   このI社の仕組が多くの企業で導入されれば、ユーザーは、ポイントカードが実質的に1枚で済むようになりますし、必ずしも、ポイントサービスを提供している企業とは関係のない財、サービスとも交換できます。クレジットカードの共通ポイントサービスに近い発想です。

   一見すると、I社のみならず、サービス利用企業、ユーザー、景品サプライヤーの三者にとっても、非常にメリットのあるしくみで、よくできたビジネスモデルだと思います。I社は、I社のシステムを利用してくれる加盟店が増加し、会員数が増加すればするほど、そこから入手できるマーケティング情報の価値も向上すると想定され、儲かるようになってきます。この分野のデファクトをとれば、市場でそれなりのポジションを占められると思います。実際、米国には、これに似たビジネスで成功している会社があると聞いたこともあります。

 では、このビジネスモデルを実際に遂行する際の課題はないのでしょうか。以下、私の頭の中で想定されるこのビジネスモデルの課題を挙げてみます。

○ 使い勝手の良いポイントシステムが開発できるかどうか
このビジネスモデルでは、最初にどれだけ使い勝手の良いポイントシステムを設計し、作りきることができるかが、極めて重要です。加盟店にとっては、様々なタイプのレジにも対応し、シンプルで使いやすいことと、各種の販促(ポイント2倍セールなど)、顧客データの分析などができることが重要です。また、ユーザーは、Webでポイント残高の確認、景品の発注ができるなどの使い勝手の良さを求めてくるでしょう。更に、マーケティングデータが欲しい企業は、様々な切り口のデータの提供を求めてくるでしょう。このような場合、システム設計にあたり、データベースの持ち方、将来的に組み込むべき機能のグランドデザインなどが極めて重要になってきます。また、大量のポイント発生・消化データ、顧客の景品受発注データを管理し、請求情報の出力等までシステム化することができるようすることを想定すると、かなり大規模なシステム開発が必要になります。I社は、クリーニングと美容室に業態を絞り込むことで、システム機能を必要最小限に留めているものと思われます。

○ 初期コストを回収できるまで、資金が持つかどうか。
上記のような手の込んだシステムを開発するとなると、最初に莫大なシステム開発コストがかかります。また、加盟店が増加して、ポイントシステムの利用者が増えない限り、当初の開発コストは回収できなくなるので、カード会社同様、当初は、加盟店開発にも莫大なコストをかけることになります。こう考えると、加盟店数が増えて損益分岐点を越えるまでには、かなりのカネと時間を有することが予想されますので、その間、資金が持つかどうか・・・これは、かなり重要な課題です。(しかも業界のデファクトスタンダードを先にとろうとすると、EdyやSUICAの競合も考えられるわけで、業種、業態を相当に絞りこんで開発コストをおさえこみ、局地戦にもちこまないと、到底ベンチャーの資金力ではもちません。)

○ 顧客間のコンフリクトをどう防ぎ、加盟店の満足度を維持するか。
   加盟店にとっては、自社顧客のリピート率向上のためにポイントシステムを導入するのに、同じような業種、業態の加盟店が増えれば増えるほど、このポイントシステムを使って自社店舗に誘導できる可能性は低下してゆきます。これでは、間違いなく、加盟店からクレームがくるのは時間の問題となります。また、自社製品・サービスとは、まったく関係のない景品と交換できることも、ユーザーにとってはプラスかもしれませんが、加盟店とっては、自社の財、サービスを通じた顧客のロイヤリティを高める施策が打てなくなるため、デメリットが大きくなります。

 
   このビジネスモデル、デファクトスタンダードを握るべく、いろいろな業種の企業を集めて、大規模に展開しようとすればするほど、その潜在的な成長性は面白くなると思いますが、同時に莫大なシステム開発コストがかかり、リスクが高くなっていくと言えそうです。アイデアとしては面白いですが、このビジネスモデルで、大規模に拡大していくためには、相当な知恵と工夫がいりそうです。


01:09:18 | cpainvestor | | TrackBacks

December 23, 2006

世界最強の経営者養成機関

   
   世の中には、若くてもやはり凄い人がいるものです。小学生時代を英国で過ごし、開成→東大法学部(在学中に司法試験合格)→ボストンコンサルティング→インターネットキャピタルグループ→リップルウッドと、まったく無駄のないようなキャリアを歩いてこられたダイスケさんの「ハーバードMBA留学日記」(下図)を読みました。昔、真剣に海外のビジネススクールへの留学を考えた時期があったものですから、ハーバードビジネススクール(HBS)というところが、どんなところか非常に興味がありました。そのため、本屋でこの書籍が目に入ったとき、そのタイトルがつい気になって購入して読んでみました。

   正直、本当に驚きました。もちろん書籍として書かれたわけではなく、ブログをまとめたものなので、読みにくい部分はあります。ただ、それを差し引いても、ひとつひとつのテーマに対する著者の深い洞察力と知見が伝わってくる内容で、非常に勉強になりました。また、同時に、世界のエリートが結集し、「世界最高の経営者養成機関」とも呼ばれるHBSでは、どのようなバックグラウンドを持った人間が集まり、どのような内容が教えられているのか、その内容も多くのページを割いて記載されており、「本当にすごいところがあるものだなあ」と改めて思いました。
   留学日記という体裁はとっていますが、実際には著者の人生観、米国観、米国から見た世界観などを綴ったエッセイ集とも言えるでしょう。オススメです。

   
   特にこの著書の中にあった、ソーシャルエンタプライズを扱った「民と公が交差するところ」、プライベートエクイティやヘッジファンドの業界を扱った「ファンド資本主義」、キャリア論や、ワークライフバランスについて扱った「キャリアと人生の送り方」は、本当に一読の価値のある内容でした。いずれの分野も日本の10年先を行っているような気がして、非常に教えられ、また考えさせられました。

   ビジネススクール入学前の段階で既にプロとしてのビジネス経験も豊富で、英語、日本語をまったく何の障害もなく使いこなし、世界の若手エリートと対等にコミュニケーションをとって物事を進めている著者の姿を見て、「日本人でもこんなにすごい人がいるのだなあ」と改めて感心しました。しかも、私より年下です。この人が、日本に帰国されて何をしようとしているのか・・・とても興味深いです。何かこの国に付加価値を生み出す事業を創出してもらいたいと思います。(後から知りましたが、ダイスケさんは、日経新聞の記事になったそうですね。帰国されて、ネットでの生命保険事業を始めるようです。梅田さんのブログで私もそのことを知りました。)
私もダイスケさんのブログの読者になろうと思います。

   「ビジネススクールで学ぶ」という環境を生かすも殺すも、その人次第なのだと著者も言っています。ただ、やはりHBSは20百万円を投資する価値のあるところなのだと思います。私には到底、財力的にも能力的にも無理ですが・・・。


 最後に、書籍の中にあった、「eBayのCEOがHBSの講演で残したキャリア上のアドバイス」を転載します。

○ Do something you enjoy.
(あなたが楽しいと思える仕事をしなさい。)
○ Deliver results. 
(必死にやって結果を出しなさい。)
○ Note down your learnings.
(学んだことを書き留めるようにしなさい。)
○ Be patient-career is a marathon, not a sprint.
(我慢しなさい。人生のキャリアは短距離走ではなく長距離走である。)
○ Build a great team, and share credit with team.
(一人でやろうとせず、優秀な人を集めてチームを作り、成功を分かち合いなさい。)
○ Be fun to work with.
(一緒に仕事をしていて楽しい人でいることをこころがけなさい。)
○ Don’t be afraid to ask questions.
(わからないことは、恐れず質問しなさい。)
○ Don’t take yourself too seriously.
(うまくいっていないときは思い悩まず、軽く流す。)
○ Don’t compromise your integrity.
(自分の価値観、倫理観にあわないことを強要されたら、その組織は辞め時である。)
○ Don’t drink your own bath water.
(自分の成功に浸り過ぎない。成功できたのは、周りの人と運のおかげと考える。)


      


02:07:45 | cpainvestor | | TrackBacks

December 21, 2006

勝ち残りましょ、銀座で。

 
   「この業界で生きていきたかったら、スーツ代と本代はけちるな。」という新人時代にお世話になった先輩会計士の教えで、スーツ代と本代だけは、なるべくけちらないようにしております。スーツは、私のような商売の人間にとっては、ユニフォームみたいなものなので、必要不可欠な消耗品として割り切り、毎年、夏、冬2着ずつぐらいは購入しています。(耐用期間を少しでも延ばすため、いつもパンツは2本です。)ここ数年は、専らここに通っておりますが、そこはしがない勤め人、せいぜいパターンオーダーが限界です。(ちなみに家での普段着はユニクロも愛用しているため、嫁からは「ギャップありすぎ、バランスが悪い・・・」と言われております。育ちが悪いので仕方ないです。)

   今日ご紹介する書籍、「勝ち残りましょ、銀座で。(下図)」は、銀座の老舗テーラー、「銀座テーラー」の女社長の老舗再建物語です。経営の経験などまったく無かった創業者の御曹司のお嫁さんが、その商才とバイタリティ、よき人に恵まれ、バブル崩壊で経営が傾いた老舗テーラーを見事再建しています。

   印象に残ったフレーズをいくつか引用します。

○ 「人間は洋服を着ることによって品格を表す」と義父はいつも言っておりました。医者が白衣を着ていないと医者に見えないのと同じで、ビジネスマンはスーツを着てきちんと品格を定めて、ビジネス相手に接する必要がある。つまりスーツは鎧である、と。
○ テーラーの経営を軌道に乗せるにあたり、何が苦しかったかといえば、すでに歴史と伝統を持つ会社を途中から新しく変えていくことの難しさを実感せざるを得なかったということです。ゼロから会社を立ち上げていれば、これほど大変な思いは、もしかしたらしなかったかもしれません。私がしばしばたとえて言うことですが、冷蔵庫の残り物で料理を作れと言われているようなものです。新たに食材を買ってきて作るほうが断然早い。ただ、私につきつけられた現実は、すでに冷蔵庫に食材が詰まっていました。老舗の再生では、それは避けることのできないものです。その難しさを覚悟した上で、改革を行う必要があるのです。

 
   この書籍は、徳間書店から出ているので、おそらくタイアップ出版ではないと思いますが、「銀座テーラー」の格好の広告宣伝媒体にもなっています。私もいつかここでオーダーメードスーツを作れるようになりたいと思いました。鰐淵社長いわく、「一度オーダーメードスーツに袖を通したら、再びつるしは着られなくなる。」そうです。レディースもあるようですから、男女問わず「スーツは戦闘服だ!」と思われる方は、ぜひ、オーダーメードに挑戦して、ご感想を頂ければと思います。
私自身はまず、「形」よりも「スーツが似合う中身」を磨くことが先のような気がしております。

   


01:27:06 | cpainvestor | | TrackBacks

December 19, 2006

営業利益、運転資本、営業CFのトレンドを見ることの重要性

   
   先日、バブル期に横行した、マンションデベロッパーの決算のお化粧の手口(保有目的を販売用から賃貸用に変更することにより、在庫増加を通じた営業CFの赤字を抑え、賃貸物件の投資CFに変換する)について説明したところ、かなり多くの反響がありましたので、これからは、「粉飾事例研究」というサブタイトルを用意して、報道された範囲の情報で、粉飾事例を紹介、分析し、類型化していきたいと思います。(いずれ「投資家のための粉飾決算の知識」として書籍にでもまとめられればいいのですが・・・)

   先日、PL→BS→CFの順番で、より慎重に時間をかけて分析していくことが重要であるとの記載をしたと思います。
特に営業利益水準(PLより)、運転資本(売上債権+棚卸資産−仕入債務)水準、(BSより)、営業CF水準(CFより)を数年の経年比較で見ていくと、その会社の成長の「真贋」がある程度、見当がつくようになると思います。

   日本システム技術(4323)という会社があります。この銘柄は、日本一の個人投資家、竹田和平氏も保有していたバリュー株でしたので、このサイト読者の皆さんの中には、ご存知の方もいると思います。

   以下、2001年3月期から、2004年3月期までの過去4年間の決算訂正前の数値データを記載します。(単位:百万円)

売上高 6,285 7,236 7,425 8,210
営業利益 834 955 1,038 984

運転資本 1,582 1,974 2,491 2,988
 売上債権 1,718 2,175 2,682 3,383
 棚卸資産 234 294 392 237
 仕入債務 370 495 583 632

営業CF 353 165 118 -36
投資CF 74 78 272 -36

   一見して、営業利益の増加傾向に比べて、運転資本の増加傾向が顕著なのがわかると思います。その結果、売上高は毎期、営業利益は最終年度を除いて毎期伸びてきたにもかかわらず、営業CFは減少傾向にあります。こういう決算書を見た場合には、投資家は「PLの見た目以上に、相当無理な決算をしているな!」と感づかなくてはなりません。

   2005年2月に、この会社は、事業部長クラスの担当者が、過去数年にわたり、ソフトウェアパッケージの架空販売を繰り返し、売上の架空計上を行っていたことを公表します。(開示書類によれば、「担当者不正」とありましたので、そうします。)ソフトウェアパッケージは、形がないことから、契約書や、納品書、先方の検収書といった、書類の偽造だけで行える上、システムの受託開発に比べ粗利益率も高いため、営業利益の粉飾の手法としてはもってこいでした。

   後日公表された、訂正決算書では、直前2期(03年3月期、04年3月期、単位百万円)だけ見ても、売上高は7,425→7,064、8,210→7,767、営業利益は、1,038→676、984→540に訂正されています。(営業CFは、当然ですが、変わっていません。キャッシュの動きは基本的に嘘をつきません。)

   ソフトウェア開発などの業界では、成果物が目に見えにくいこともあって、架空売上や、プロジェクト間の人件費の付け替えなどが行いやすいと言われます。個人投資家としては、この点を十分に頭に入れて、決算書を読む必要があるでしょう。前にも言ったかもしれませんが、私は、ソフトウェア会社などは、過去4−5期分のCF計算書を決算短信の表紙にした方が良いと思っています。(笑)


 
P.S.
 昨日のサイトへの訪問者は783名でした。皆さんいつもご訪問ありがとうございます。忙しいながらも、私が書き続ける励みになります。投資家のためになる良質のコラムの記載をこころがけていきたいと思いますので、今後ともご友人へのクチコミと「お気に入り」登録をお願いいたします。




01:20:12 | cpainvestor | | TrackBacks